人は誰もが自分にとっての“本物の仕事”との出合いを心のなかに持っているものではないでしょうか。私にとっての“本物の仕事”との出合いは新社会人として初出社した、その日だったような気がします。学生時代は空手道部に籍を置き部活に没頭。就職活動どころではなかった私が滑り込みで入った会社は当時、マンション分譲で不動のトップを誇る全国最大手。九州支店のある福岡天神センタービルに一歩入った時の、腹の底から湧きあがるような誇らしげな気分は今も忘れることができません。
 平成6年に設立したエースコーポレーションに、私はその感激エネルギーをそっくり託したのです。本社を福岡天神センタービルに置いたことは、社員が
仕事や会社に自信やプライドを持ち、自らの目標を実現していくためのささやかな応援です。
 自分に、夢に、一生懸命の人は良い仕事をします。良い仕事は良いマンションを造り、街をつくり、お客様を幸せにします。幸せな家族や街が増えることは、社会の繁栄に直結するでしょう。
 単に不動産を売買する、住宅やビルといったハードを提供する業界から、人や社会を豊かにするソフトの備わった業界へ―いま、新たなパラダイムが形成されつつある不動産業界。エースコーポレーションは次代の端緒を拓く力強いエースになります。



代表取締役 角田 晃一